Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

Mac10.6以前の中古品を使用する時に注意すべきたった1つのこと

中古のMacをオークションで購入したり中古PCショップで購入,あるいは人からもらったりした際に注意しなければいけないことがあります

それは完全に工場出荷状態に戻っているかどうかです

OS X10.6.xの場合はインストールディスクなどが揃っているかを確認しておきましょう

 

当たり前・・・ではないかもしれません

MacOS X10.6.x以前の中古品を使用する場合は必ずインストールDVDがあるかないかを確認しておきましょう

 

これが「注意すべきたったひとつのこと」です


そんなこと当たり前でしょ!と思っている方いるんじゃないでしょうか

もし10.6.xで購入したMacを前のユーザーが10.7.xへアップグレードしていて,手放す際にリカバリー領域から再インストールして10.7.xで「工場出荷時状態」と思い込んで売ったマシンを購入したとします

購入したアナタは「OS Xを10.11 El Capitanにアップグレードして使おう」と考えます

システム条件的にもこのあたりの機種なら十分対応しています

しかし,アップグレードしようとするといきなり「Apple IDとパスワード」を問われてきます


「え〜?なんで,というか知らないよぉ」となってきます

結果としてインストール出来ません

 

何でぇ?

何故と思われますよね

その前に,その可能性があるマシンはどの辺のモデルなのかを記しておきます

 

 

OS X10.6.xの最終搭載機は

  • iMac (Mid 2011)
  • Mac mini (Mid 2010)
  • Mac Pro (Mid 2010)
  • MacBook Pro (13,15,17-inch, Early 2011)注:10.7搭載機もあります
  • MacBook Air (11,13-inch, Late 2010)
  • MacBook (13-inch, Mid 2010)

これら以前の機種です

サーバは割愛します

 また,10.5.xになるとちょっと古くなりすぎておりVINTAGEになっている場合もあるのでここでは触れません

 

その理由は,前のユーザーがアップグレードを行ったのはAppStoreから行っているからです

AppStoreは当然の事ながらAppleIDでサインインして購入するということはご存知かと思います

と,いうことは・・・・アナタが購入したマシンに搭載しているOS X 10.7.x は前のユーザーのAppleIDに紐付いているからなんです

前のユーザーのAppleIDで購入したOS XをアップグレードするにはそのAppleIDの所有者でないと出来ないというわけです

つまり工場出荷状態に戻さないと触れないMacであるということです

10.7.xの状態で使用を続けたとして,アプリをアップデートなどをかける時も前のユーザーのAppleIDが必要になる場合もあります

結果として「他人のMacを購入した」ことになるのです

 

 

オークションなどの場合でも注意しないと「返品不可」などとなっている場合,いくら申し出ても「返品不可を受け入れて落札した」となりますのでどうすることもできません

ショップあたりでも返品不可であったり自己責任であったりしますので注意してください

知人であったとしても,まさかその人のAppleIDを使用する訳にはいきませんので思い切りショックを受けてください

 

回避策はあるの?

OS X10.6.xまでは必ずインストール媒体が必要になります

こちらで手に入れてください

www.apple.com


Macを起動した状態でインストール媒体をスーパードライブにセットしておきます

シャットダウンし,「C」キーを押したまま電源を入れます

C起動は起動可能な CD、DVD、または USB メモリ (Mac OS X インストールメディアなど) から起動するキーコンビネーションです

 

あとはOS Xインストールが起動しますので通常通りインストールして下さい

 

その後マシンのハードスペックがOS X10.11のシステム条件に合致していたらアップグレードして下さい

support.apple.com

 

OS X10.7以降は?

 

 

OS X10.7以降の搭載機はインターネットリカバリーといってAppleのサイトからリカバリーができますのでなんとかなります

 

インターネットリカバリーについては気が向いたら別記事掲載します