読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

mac OS Sierra(10.12)で大きく変わったところ

Mac mac OS

macOS Sierra(10.12) のパブリックベータ版をインストールし,El Capitan(10.11)どこが変わったのかを比較していこうと思います。

全体的に大きく変わったと感じられるのはSiriの搭載だろう。

 


これはでも紹介している。

 

applein.hatenablog.com

 

しかし「ディスクユーティリティ」や「このMacについて」などの細かなところも少し変化している。

 

Siriの搭載と使用方法

macOS Sierraで新たにSiriが搭載されたが,まさにMacとお話する感覚で使用できる。

Siriの搭載によりiOSとmacOSが異なるOSであるにもかかわらず,よりシームレスな関係になっているような気がする。

 

使用方法は至って簡単で,システム環境設定のSiriの設定はデフォルトで問題ない。

 

男性の声のほうが良いって方は切り替えれば問題ない。

 

Siriの起動は ⌘(command)+スペースの長押しだ。

1回チョコンと押すとSpotlight検索が起動するので,押しっぱなしにするとiPhoneと同じように「ポロロン」という音で起動する。

 

「メールチェック」「Safariを起動して」「システム環境設定起動」など命令するときっちり実行してくれる。

 

アプリを終了する機能はないようだ。

「Safariを終了して」と命じると「私はAppを終了することはできません」と応答する。

Siriの画面上のマイクアイコンをクリックして引き続き質問や命令もできるが,キーボードを長押しの方が使い勝手はよさそうだ。

「Siriを終了」というと,すごすごと去っていくところがなんとも言えない。

 

Time Machineの変化

Time Machineの設定も少し変化があるようだ。

システム環境設定のTime Machine設定を見るとオン・オフのボタンが無くなっている。

「バックアップを自動作成」をするかしないか,の選択だけだ。

実際,するかしないかで十分だといえる。

ディスクユーティリティに「パージ可能」が追加

ディスクユーティリティを起動すると,El Capitan(10.11)と同じような画面になる。


できれば従来のように「アクセス権の修復」機能が欲しかったが,今回は復活していないようだ。

 

よく見ると「パージ可能」という領域が追加されている。

「パージ」はメモリ解放のターミナルコマンドの「Purge」のことなのだろうか?

そもそもディスク領域にメモリは無関係なのではないのだろうか?

これはディスクユーティリティから操作ができるわけではないようだ。

 

ディスクユーティリティの情報画面も少し変化がある。

 

パージ(purge)は消去するとか削除するといった意味だが,何なのだろうか?

 

このMacについて

Appleメニューの一番最初にある「このMacについて」を見てみる。

ここはMacのありとあらゆる情報が網羅されているので,Mac好きからすれば重宝するところだ。

概要やディスプレイなど特に変わった様子もないが「ストレージ」のタブを開くと,変化がありました。

従来はストレージの状態を目視できるところだが,ここで目立つのは「その他」が異常に大きいなってことくらいだった。

 

「その他」はオーディオ,写真,ムービー,App以外のものは全て「その他」になるわけだが,なぜ多いのかという理由は気が向いたら解説します。

 

今回の「ストレージ」のタブを開くとディスクの右上のところに「詳細」というボタンが追加されている。

 

このボタンの中には「ストレージを最適化する」「ゴミ箱を自動的に空にする」「不要なファイルを削除」などのメンテナンス項目が出てくる。

 

もしかするとこれがディスクユーティリティにあった「パージ可能」で削除できる項目なのかもしれない。

 

 

まとめとして

今回のアップグレードはSiriの搭載や,ストレージやディスクのメンテナンスが,より詳細に行えるようになっている。

 

もう少し深いところに入ってみれば色んな変化がわかるのかもしれない。

 

Appleは2017年にAPFS(Apple File System)というセキュリテイ強化,クラッシュ耐性がアップしたファイルシステムに変えていくということですので,それに対応したシステムのアップグレードなのかもしれない。