読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

Macの覚えておきたいショートカット10個

Mac初心者さんへ Mac

Macに限らずパソコンはショートカットキーを使うことで,もっと簡単に操作ができます。

ショートカットキーは100個以上ありますが,全て覚えるのは無理があります。

 

テキストエディッタやメール,ウェブなどでよく使うショートカットを覚えておけば時間短縮ができます。

Macを使用する場合,少なくとも下記に挙げている10個程度を覚えておくと,とても便利です。

 

ショートカットキーの使い方

キーボードのショートカットキーはほとんどが2つ以上のキーを押さえて操作します。

 

Macの解説サイトには記号だけで表記しているものもあります。

例えば ⌘ のマークなどをよく見かけると思います。

 

この記号表記は下記のようなものですが,よく使うので参照にしてください。

 

  • command ⇨ ⌘
  • option ⇨ ⌥
  • shift ⇨ ⇧
  • control ⇨ ⌃
  • caps lock ⇨ ⇪

 

などです。

キーボードによっては記号があるものもありますが,最近のJISキーボード(日本語入力キーボード)には command ⌘ にしか付いていないようです。

 

覚えておくべき10個のショートカット

command + C :選択部分をクリップボードにコピー


command + V :クリップボードにコピーしたものをペースト


command + X :選択したものを削除してクリップボードにコピー


command + Z :直前の作業を取り消す


command + A :すべてを選択。例えばフォルダの中の1つを選択状態にしてこのショートカットを使用すると全選択できる。


command + N :アクティブになっているアプリの新規ウィンドゥを開きます。
例えば,テキストエディタを開いていて,新しいページを開きたいとか,Finderを2つ開きたい時に2回行えばFinderが2つ開きます。


command + F :検索時に使用します。ブラウザ上で使用するとキーワードがマークされます。

テキストエディタなどでも利用します。

 

shift + command + 3:全画面のスクリーンショット

shift + command + 4 :一部分のスクリーンショットで,このキーを押さえるとポインタが+になります。

アクティブなウィンドウをスクリーンショットする場合,+をその場所に動かしてスペースキーを押すと選択されます。

クリックするかreturnすると保存されます。


command + webリンク :SafariやChromeなど,タブブラウザでリンク先を新しいページで開く場合,commandを押しながらリンクをクリックします。

 

他にも数多くあるショートカットキー

他にも便利なショートカットは数多くありますが,この10個を覚えておくだけでも随分と便利さが違います。

Macは起動アクションやトラブルしシューティングの時にもcommand,option,shift,controlなどのキーを使用します。

大げさかもしれませんが,キーボードを制することはMacの操作を制することになるでしょう。

 

ショートカットの詳細はサポートサイトを参照ください。

support.apple.com