読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

システム環境設定を変更しMacを楽しもう(1)

Macの設定のほとんどが,システム環境設定で変更できる。

初期設定もここで変更し,あなたが作業しやすい環境へカスタマイズしましょう。

  

システム環境設定とは

システム環境設定とはMacのシステムやハードウェアの設定変更できるアプリケーションのことで,一番上のメニューバー左隅にある  マークから開くことができる。

 

Windowsならコントロールパネルがそれに相当する。

 

一般

ほぼデフォルトでも問題はないが,人によってwebブラウザを変更する場合もあります。

私はChromeを利用しているのですが,デフォルトではSafariが選択されています。


アピアランスで「メニューバーを自動的に隠す/表示」にチェックを入れて「メニューバーが消えた」と騒ぐ方もいらっしゃるようですw


スクロールバーの表示は好みですが,デフォルトで何ら問題ありません。

 

デスクトップとスクリーンセーバ+ディスプレイ

お好みの画像を選択しデスクトップ画面にできます。

あなたのオリジナル画像を使用する場合,左下の「+」から画像を設定します。

 

画像のサイズは,同じくシステム環境設定 ⇨ ディスプレイを確認します。

解像度を見ると,一般的には「ディスプレイのデフォルト」になっています。

ココは問題ありません。

「変更」にチェックを入れると解像度が出てきます。

その一番上の解像度があなたのMacの解像度です。

そのサイズの壁紙を準備すると良いでしょう。

ちなみにiMacで 1920×1080となっています。

壁紙が格納されているフォルフだは基本触らなくてもよいのですが,場所だけ確認できればよいと思います。

 

起動ディスク(デフォルトではMacintoshHD) ⇨ ライブラリ ⇨ Desktop Picturesに存在します。

 

スクリーンセーバは問題ないとは思いますが,右下に「ホットコーナー」とあります。


これは画面の4ヶ所の隅っこを指しますが,後述のミッションコントロールで解説します。

 

Dock

デフォルトでは画面下に表示されているアプリアイコンが並んだバーのことです。

よく使うアプリに簡単にアクセスできます。

システム環境設定ではDockの表示をコントロールします。

見ての通り,サイズを大きくしたり拡大表示したりできます。

お好みで左右の画面横に表示できたりします。

Dockを自動的に隠せますので,作業領域が拡がります。

デフォルトではチェックが入っていません。

 

ミッションコントロール

ミッションコントロールはたくさん開いたアプリを一度に開いて目的のアプリをアクティブにしたり,新たなデスクトップに移動したりできる便利な機能です。

 

これをファンクションキーに割り当てたり,ホットコーナーに割り当てたりできます。


例えば「F9」を押すとミッションコントロールできるとか「F11」を押すとアプリのウィンドウがさっと避けてデスクトップが出てくるとか設定できます。

 

ホットコーナーを設定すると,右下にカーソルを移動すればミッションコントロールできるといった具合です。

このミッションコントロールをうまく使えば,デスクトップの切り替えやアプリの切り替えが素早く行われ,作業効率が大幅にアップします。

 

ごちゃごちゃしたデスクトップをミッションコントロールすると

 

どれを開いているかすぐにわかりますね。

 

 

 

言語と地域

日本国内で購入したMacであればほぼ触らなくても良いところかもしれません。

しかし,ひょんな事から地域設定が別の地域設定になって「日本語」が消えていることがあるかもしれません(基本間違った設定を行わなければ削除されることはないのですが・・・)。

 

もし「優先する言語」から「日本語」がなくても慌てず騒がず左下の「+」をクリックし「日本語」を選択します。

選択後,一番上に表示されていない場合はドラッグして一番上に移動しましょう。

 

セキュリティとプライバシー

この設定を行うには左下のカギをクリックしてログインパスワードを入れて解除します。

 

一般

ログインパスワードの変更や自動ログインをコントロールします。

アプリケーションの許可もここでコントロールします。

 

FileVault

FileVaultはディスク全体を暗号化する事ができる機能ですが,パスワード忘れなどで結構トラブルも多いようです。

一般ユーザは利用する必要はないかと思いますが,セキュリティのことなのでご自分で判断してください。


FileVaultを切ったために何らかの問題が起きても当サイトでは責任は持てません。

 

FileVaultは他の記事でもアップしていますので,参照にしていください。

 

applein.hatenablog.com

 

ファイアウォール

これは入りにしておいたほうが良いでしょうね。。

 

プライバシー

各アプリでMac内の情報のアクセスを許可するかしないかを求めているもの。

iPhoneなどでも「◯◯アプリに位置情報を許可しますか」「◯◯アプリの写真へのアクセスを許可しますか」などと同じものです。

Spotlight

Mac内を素早く検索して必要なファイルを見つけ出すのがSpotlightだが,不要なファイルを検索しないで済むように,ここでコントロールします。

 

プライバシー

検索から除外する場所を設定できます。

これはあまり使用しないところですが,Spotlight検索はファイルを追加や削除した場合に検索内容のインデックスを作成します。

 

このインデックスがトラブルを起こすことがあります。

そうすれば,あるはずのないファイルをインデックスしたり,多重にインデックスしたりします。

そうすれば,まだストレージ領域があるにもかかわらず「ストレージ不足」などになります。

 

 ⇨ このMacについて ⇨ ストレージを確認すると異常に「その他」が増えていたりします。

「その他」については別の機会に触れたいと思います。

 

その場合,Spotlightを再構築することで改善する場合があります。

左下の「+」⇨ 「MacintoshHD」を選択して「Spotlightの検索から除外する場所」に追加します。

 


「Spotlightで”MacintoshHD"を検索しないようにしてもよろしいですか」とアラートが出ますが「OK」してください。

 

追加後すぐに「MacintoshHD」を再度選んで左下の「ー」で削除します。

「削除」ってコトバが不気味かもしれませんが,安心して削除してください。
すると,自動的にSpotlight検索の再構築が始まります。

 

確認するにはメニューバーのSpotlight検索をクリックし,なんでも良いですので文字や数字を入力してください。

すると一番上に「牽引を作成中」と出てきます。

しばらく時間がかかりますが,放おっておいてもかまいません。

 

時間が経ってストレージを確認してみてください。

整理されて見た目の空き容量が増えている可能性があります。

 

通知

iPhoneの「通知」と同じです。

アプリで何か変更や案内が入った時,通知をどこにどのようにするかを設定します。

まとめとして

今回は「システム環境設定」の一番上の段,基本的なMacのシステム設定といったところを解説しています。

 

 

applein.hatenablog.com

applein.hatenablog.com

applein.hatenablog.com