読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

システム環境設定を変更しMacを楽しもう(2)

Mac初心者さんへ OS X

Macの設定のほとんどが,システム環境設定で変更できる。

初期設定もここで変更し,あなたが作業しやすい環境へカスタマイズしましょう。

 

システム環境設定とは

システム環境設定とはMacのシステムやハードウェアの設定変更できるアプリケーションのことで,一番上のメニューバー左隅にある  マークから開くことができる。

 ここでは2段目の解説を行います。

Macのハードウェア的な設定です。

ディスプレイについてはシステム環境設定を変更しMacを楽しもう(1)で記述していますので省略します

 

省エネルギー

【Bookタイプの省エネルギー画面】

省エネルギー設定を行います。

Macをスリープさせるかどうか,ディスプレイをスリープさせるかどうかですが,これは個々考えがあるようなので,省エネを重視される場合はスライダで時間を短くしておいてください。

Power Nap

Power Nap に対応していれば、スリープ状態のときでも、色んなのアクティビティやタスクを実行させることができます。

  • メールの受信
  • 他のデバイスで連絡先更新,カレンダーの変更,リマインダの変更,メモの更新,Macを探すなど,iCloudを利用した変更や更新を自動に行う

また,AC電源に接続しているとソフトウェアのアップデートをダウンロード,TimeMachineバックアップの実行などが行なえます。

 

Power Napに対応しているMacはBookタイプでOS X 10.8以降,デスクトップタイプでOS X 10.9以降となっています。

 

省エネルギー項目に出ていなければ非対応です(一部ダウンロードで対応しているものもある)。

MacBookでSSD搭載機はデフォルトでチェックが入っています。

 

【デスクトップタイプの省エネルギー画面】

キーボード

キーボード

キーのリピート速度や認識までの時間のコントロールですが,これも慣れによって違ってきます。

Bookタイプの場合,キーボードのバックライトのコントロールが上2段で設定できます。

デスクトップにはこの設定はありません。

「ファンクションキーとして使用」はチェックを入れておくとキーボードの「fn」キーを押さなくても良いので便利かもしれません。

私がよく使うのは文字入力時「F7」「F9」「F10」ですね。

かな入力でカタカナ表記させたいときには「F7」を「F10」を押すとローマ字表記に切り替わります。

かな入力途中に,この単語は英語表記しなくっちゃってときに「F10」を押すとすぐにローマ字表記になります。意外と便利です。

「F9」はデフォルトでミッションコントロールになっていますので,頻繁に画面を切り替えるときに便利です。

 

ユーザ辞書

ユーザ辞書はMac標準の日本語入力プログラム「ことえり」を使用する場合に登録しておくと便利ですね。

右下の「+」ボタンで読みと単語を登録します。

慣用的に使用する文字や文章などを登録しておくことで時間短縮になります。

私はGoogle日本語入力プログラムを利用しているので使用していません。

 

入力ソース

ということで,ショートカットより先にに入力ソースについてですが,使用する入力プログラムを選択できます。

デフォルトではことえりが入っています。

このことえりの「ライブ変換」がどうも馴染まなくてうざいんです。

使い慣れたら変換しなくても入力できているので良いよなんて方も多いのですが、どうも個人的には苦手です。

 

Google日本語入力は 下記からダウンロードできます。

www.google.co.jp

Google日本語入力は学習機能と,辞書が定期的に自動更新されており,最新の語彙が利用できるのが良い点です。

 

追加する場合は左下の「+」から追加してください。

 

 

Googleを追加したらことえりは「ー」で削除してください。

削除と言ってもMacから消えるわけではないので安心して削除してください。

 

ショートカット

ショートカット設定を行いますが,よほどでない限りデフォルトが良いと思われます。

いろいろ触ってカスタマイズすると,しばらくそのショートカットを使用しないと忘れてしまい,あとで混乱します。

カスタマイズは程々に・・・

 

音声入力

音声入力は,読み上げによるテキスト入力が可能になっています。

お身体が不自由な方には便利な機能です。

拡張音声入力を使用するためダウンロードします。

 

私は通常使用はしないのですが,読み上げでどれだけ正確に記述できたか試しました。

 

「ファンクションキーを2回押して,音声入力を起動します。」

上記読み上げてみます。

「ファンクションキーを2回押して音声入力を起動します。」

ありゃ,スゴイ正確さですね!「かぎかっこ」といえばちゃんと付くし,「まる」といえば「。」が付く。

思っているより精度が高いですね。

 

マウス

 

 

Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A

マウスはどんな動きをするかが右の画面に出ているのでその通りですが,副ボタンにチェックを入れておくとWindowsでいう右クリックが可能になります。

キーボード操作でWindows風右クリックに相当するのは「control」キーを押しながらファイルをクリックすることで可能になっています。

軌跡の速さは好みの問題ですが,早いほうがイライラせずに済みます。

 

その他のジェスチャではMission Controlにチェックが入っていると2本指でダブルタップすることで切り替えが可能です。

ミッションコントロールはかなり使用しますので,マウスでもアクションできるように設定しておくと良いですね。

 

トラックパッド

 

 

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

 

トラックパッドも好みのカスタマイズを行えば良いと思いますが,副ボタンは設定しておいたほうが何かと便利です。

副ボタンのアクション変更は可能ですので,プルダウンから選んでください。

 

プリンタとスキャナ

 

HP プリンター インクジェット 複合機 Officejet 4650 F1H96A#ABJ

【オススメ ⇨ ヘッド一体式のインクを使用しているのでインク詰まりしても,カートリッジ交換で済むタイプのプリンタです】

Wi-Fiプリンタをお持ちの方はプリンタとルータを接続してください。

最近のプリンタは簡単接続などの機能が付いていますので,すぐに繋げる場合が多いです。

 

ネットワークにつながっているプリンタが準備できたら後は簡単です。

画面右下の「+」をクリックします。

 

別画面に同一ネットワーク内にあるプリンタ名が出てきますので選んでください。

ドライバーも自動選択でAppleが準備しています。

古いプリンタだったり,機種によってはプリンタドライバがなかったり,メーカーのソフトウェアが利用できないものもあります。

その場合はプリンタメーカーへ相談してください。

 

サウンド

 

Steinberg スタインバーグ 2x2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

 

Macの音の設定です。

サウンドエフェクトは通知音や,音量表示をコントロールします。

入出力は外部のインターフェイスなどを利用していたら,ここで設定します。

DTMやDJを楽しまれる方はココで切り替えます。

私もオーディオインターフェイスを利用しているので切り替えています。

入出力装置の設定はそれぞれのデバイスで設定します。

ここではどの装置から入出力するかを決めるだけです。

ただし,オーディオインターフェイスによってはドライバーが,Sierraに対応していない場合があります

その場合,Macがフリーズしたり,いきなりシャットダウンしたりなどの症状が出ることもあります。

 

ドライバーが対応しているかどうか,もしくはアップデートを確認して使用してください。

 

 

applein.hatenablog.com

applein.hatenablog.com

applein.hatenablog.com

 

【オンラインMac買取ストア】