読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

システム環境設定を変更しMacを楽しもう(4)

Macの設定のほとんどが,システム環境設定で変更できる。

初期設定もここで変更し,あなたが作業しやすい環境へカスタマイズしましょう。

システム環境設定とは

システム環境設定とはMacのシステムやハードウェアの設定変更できるアプリケーションのことで,一番上のメニューバー左隅にある  マークから開くことができる。

ここでは4段目と5段目の解説を行います。

ユーザ設定やバックアップなど、ユーザアカウントに関した設定を行います。

 

 

ユーザとグループ

Macを使用するユーザを登録します。

初期設定時に設定したパスワードの変更や、新たにユーザを追加する場合に使用します。

 

 

ユーザを追加する場合は左下の鍵を解除します。

解除するパスワードはログイン時に使用するパスワードです。

「新規アカウント」は「管理者」「通常」「ペアレントコントロール」「共有のみ」とありますが、不特定の方が利用する、もしくは子供が利用するなどを除いて「管理者」で設定しておくと後々良いのかもしれません。

 

フルネームは日本語でも英字でも構いませんが、日本語は2バイト言語(英文字は1バイト言語)を使用しており、コンピュータの世界では特殊な分野になりますので、英文字をおすすめします。

フルネームを入れると自動的にアカウント名が表示されます。

ここは「ホームフォルダ」に設定されますので、英文字でリネームしましょう。

パスワードは任意の文字数字列です。

このパスワードはAppleのサービスと関係があるわけではありません。

Macとあなたの間のお約束パスワードなので、セキュリティが保てるのなら1文字でもかまいませんし、あなたが忘れないパスワードにしてください。

このパスワードはあなたのアカウントでアプリをインストールする場合や、システムを変更する時に必要です。

忘れないようにしてください。

ログイン項目

あなたのアカウントにログインする時に自動的に開くアプリケーションです。
不要なものはチェックを外しておくのも良いでしょう。

 

ログインオプション

ログインオプションも鍵を解除して設定します。

自動ログインを行うかどうかの設定ですが、一人しか使用しない場合は自動ログインにしておいてもよいのですが、ログインパスワードは忘れないようにしておいてください。

下の詳細項目は見てのとおりです。

ペアレントコントロール

子供さんがMacを使う時間やアクセスサイト制限、チャット相手の管理などを行う事ができます。

記事はEl Capitanのものですが、Sierra、Yosemite、Mavericksなどでも同じです。

support.apple.com

Siri

Sierraからの機能ですが、有効にするかどうかの設定と、メニューバーに表示するかどうかの設定です。

また、デフォルトでキーボードショートカットキーが「command + スペースの長押し」に割り振られています。

幾つか設定変更できますのでお好みで変更してください。

日付と時刻

もし、メニューバーの時刻や曜日などがおかしくなっていた場合ここで設定確認します。

 

日付と時刻の設定を変更する場合は鍵を解除します。

日付と時刻は基本「アジア」ですね。

時間帯も特に説明の必要あありませんね。

 

時計はメニューバーの表示をコントロールします。

一般的にはデジタル表示にしている場合が多いと思います。

あとは好みに合わせますが、私は日付・曜日を表示しています。

 

Time Machine

【El CapitanのTimeMachine】

 

SierraのTimeMachine

Time Machineを利用してバックアップを設定します。

Sierra以前は「Time Machineの入り・切り」が表示されていましたが、今は「バックアップを自動作成」にチェックを入れるか否かです。

「TimeMachineをメニューバーに表示」するとメニューバーに表示されますので,チェックを入れておくと良いですね。

 

 バッファロー HD-PUS1.0U3-SC アルミ素材&スリム ポータブルHDD 1TB シルバー

 

外付けHDDを準備します(Time Capsuleを利用している方の設定は違います)。

Mac用にフォーマットされていないHDDはフォーマットを行う必要があります。

その場合、データが入っているHDDを使用するとすべて消去されますので注意してください。

 

新品の場合,接続後 ディスクユーティリティを起動します。

Finder ⇨ 移動 ⇨ ユーティリティ ⇨ ディスクユーティリティ

HDDを選択します

右上部の「消去」をクリックします

名前「名称未設定」はそのままでもかまわないのですが,せっかくなのでリネームしましょう。

「BackUp」とか「自分の名前(英文字)」とか・・・

フォーマットは「OS X拡張(ジャーナリング)」にします。

方式は「GUIDパーテションマップ」にしてください。

右下の「消去」をクリックするとMac用のフォーマットで設定されます。

「このHDDをバックアップに使用しますか」なんて出てくれば,指示に従っていただければ良いです。

「バックアップディスクを暗号化しますか」についてはどちらでも良いと思いますが,チェックを入れると,バックアップにアクセスする場合,パスワードが必要になります。

 

TimeMachineのディスクを選択し,外付けのHDDを選択します。

 

TimeMachineバックアップを自動で行うように設定していると,しばらくしてバックアップが始まります。

 

すぐにバックアップを行う場合はメニューバー右上のTimeMachineアイコンをクリックし「今すぐバックアップを作成」をクリックするとすぐにバックアップが始まります。

初回は数十分から数時間かかりますので時間がないときには行わないようにしましょう。

TimeMachineバックアップについては別の機会に案内します。

 

アクセシビリティ

 

【El Capitan】

【Sierra】

アクセシビリティは「視覚」「聴覚」などのコントロールを行います。

ディスプレイ:一般的に触ることは少ないとは思いますが,お好みで変更できます。

チェックを入れてみると画面が変化しますので試してください。

 

ズーム機能:ここもデフォルトで問題はありませんが,ズームのショートカットやアクション設定を行います。

 

VoiceOver:画面の項目説明を読み上げます。

健常な方には不要なのかもしれませんが,視覚障害をお持ちの方には役に立つ機能です。

 

キャプション:字幕とキャプション設定を行います。

聴覚障害のある方に役立つ機能です。

 

オーディオ,キーボード,マウス/トラックパッド:ここもデフォルトで問題ありません。

 

スイッチコントロール:スイッチコントロールを有効にすると、マウス,キーボード,ゲームパッドボタンを使ってMacを制御できます。

 

音声入力:「音声入力コマンド」で,音声でテキスト編集やMac操作ができますが,通常はデフォルトで問題ないです。

 

App Store

App Storeで入手・購入したアプリのアップデートをコントロールします。

 

5段目

一番下の段はあなたが追加したアプリやデバイスなどでMac全体をコントロールする必要があるものが表示されます。

 

FlashPlyerとかJavaとかオーディオインターフェイスなど,それぞれに設定が可能ですので,そのメーカーサイトを確認して設定すると良いですね。

 

 

applein.hatenablog.com

applein.hatenablog.com

applein.hatenablog.com