読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

Apple TVを購入せずにfireTV stickを購入した4つの理由

Apple大好きの私がApple TVを購入せずにAmazon fireTV stick(以下 fireTV stick)を購入してしまいました。

fireTV stickは期待以上の製品でしたので,Apple TVとfireTV stickを比較して,fireTV stickがなぜ良いのかを検証してみます。

fireTV stick

Amazonのプライム会員を増やすために注力しているデバイスですが,Amazonの本気を感じます。

fireTV stickの一番の魅力は番組コンテンツです。

Amazonプライムビデオが視聴できるのは他のSTBでは観ることのできないコンテンツです。

fireTV stickで出来ることは色々ありますが,いくつかをまとめてみます

 

  • 有料契約は必要ですが,Netflix、Hulu、dTV,Gyao,U-NEXTなどの動画配信サイトへの接続が多い
  • YouTube、ニコニコ動画などの無料の動画を観ることができる。特にニコニコ動画は公式になっています。
  • Amazonでレンタル・購入したビデオを観る
  • Amazonプライム会員の場合,Amazonプライム・ビデオが無料で見放題
  • スマホやタブレットの画面をMiracastやiOSのアプリでミラーリングできる
  • リモコン操作でゲームを楽しむことができますが,コントローラを使用しなければできない場合があります

 

音質はDolby Audioで、HDMI (7.1chまで)に対応していますし,画質も1080p フルHD対応ですので音も画質も楽しめます。

 

ここでは省きますが,Amazonプライム会員ならばネットショッピングのメリットも多いですね。

 

接続はWi-Fi環境とAmazonアカウントだけで直感的操作で接続できます。

OSはAndroid OSを採用しています。

 

デュアルコアプロセッサと専用のVideoCore4 GPU,ストレージは8GB
価格は定価4,980円で,セールがあるので3,000円台になることもある。

 

 

 

Apple TV

Apple TVはどちらかといえば,まずiOSなどのデバイスありきのようです。

もちろんtvOSを通じてゲームなどは楽しめますが,基本iOSデバイスの写真やムービーをiCloudを仲介して楽しむことができるデバイスです。

Apple TVで出来ることも数多くあるのですが,簡単にまとめてみます。

 

  • 有料契約は必要ですが,Netflix、Hulu、dTVなどの動画配信サイトへの接続ができる
  • YouTubeやvimeoなどの無料動画配信サービスに接続できる
  • iCloudを介してAppleの各デバイスの写真やムービーなどをテレビ画面に映し出せる
  • iTunesで購入した映画を観ることができる
  • リモコン操作でゲームを楽しむことができますが,コントローラを使用しなければできない場合があります
  • Siriを利用することで音声検索が簡単に行える

 

音質はDolby Audioで、HDMI (7.1chまで)に対応していますし,画質も1080p フルHD対応ですので音も画質も楽しめます。

 

接続もfireTV stick同様,Wi-Fi環境とApple IDで簡単接続できます。

tvOSを採用しており,OSのアップデートでコンテンツが増える可能性もあります。

また,ハード的なトラブルがなければiTunes経由で初期化も可能です。

 

絶対的なA8プロセッサーと32GB/64GBのストレージ

価格はそれぞれ15,800円,20,800円とこちらも絶対的に高いですね。

fireTV stickとApple TVの比較


Apple TVの動画配信サービスの対応はhulu,Netflix,dTVくらいで後は海外の物が多いようです。

対してfireTV stickは動画配信サイトも豊富でプラスしてAmazonプライムビデオがある。

 

Amazonプライムビデオはプライム会員になれば無料で鑑賞できる。

Amazonプライム会員は325円/月かかるが,ネットショッピングを行う方ならすぐにペイできるし,プライムビデオだけでもペイできます。

 

Apple TVもAirPlayを介すればその他の動画配信サイトも観ることはできますが,ホーム画面から直接再生できないので,それぞれのサイトやアプリからの再生鑑賞となります。

 

YouTubeは両製品ともに接続可能ですが,fireTV stickはニコニコ動画の接続ができます。

対してApple TVはVimeoの接続が可能です。

 

iPhoneやiPadのミラーリングはApple TVは当然ですが,fireTV stickはアプリを介してAirPlayでミラーリング可能ですが,Android端末をApple TVにミラーリングはできません

しかし,Android Galleryの写真や動画をApple TVで鑑賞するのならば,AndroidアプリのApple TVメディアプレーヤーを利用することで可能になってはいます。

 

スペックは価格が違い過ぎというのもありますが,圧倒的にApple TVです。

ストレージの32/64GBはアプリをかなりインストールしても問題なさそうです。

 

ハードのトラブルに関しては機械ですので故障はあると思いますが,これはアタリを引くか,ハズレを引くかといったところでしょうか。

ソフト的なところではiTunes経由で復元可能なApple TVが勝っていると思います。

 

しかし,圧倒的に違いすぎるのが価格です。

これはいくらストレージの容量が多くても,ソフトの復元が可能でもfireTV stickです。

Apple TV1台でfireTV stickが3つないし4つ,セール時ならもっと購入できます。

 

なぜApple TVではなかったのか

Apple大好きな私がfireTV stickを選んだのは,4つの理由からです。

  1. 映画や動画配信サービスの豊富さ
  2. その他のデバイスとの親和性
  3. 価格
  4. ネットショッピング

これは,Amazonプライム会員であるということも大きな要因です。

 

つまりハードスペックやトラブルを凌駕するソフトスペックがfireTV stickにあるということです。