読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple In

Apple関連のネタやアプリなどを分かりやすく解説しています♪ Mac初心者さんもどうぞ御覧ください♪

MENU

iOS 10.2.1アップデートでバッテリーが急激に減る問題は解消したのか

1月24日Apple製品のアップデートがあり,iOS 10.2.1がリリースされましたが,今回のアップデートでiPhoneのバッテリーが急激に減るという問題は解消されたのでしょうか。

今回のアップデートはセキュリティ関連の脆弱性修正のアップデートが中心のようで,大きなシステム関連の修正は行われていないようです。

 

バッテリーが急激に減る問題は解消したのか

バッテリーが急激に減ったり,30%くらいになっていきなりシャットダウンしたりする問題はiPhone6Sの特定機種だけが交換プログラムの対象でしたが,iPhone6S PulsやiPhone6,6 Puls,SEなどにも起こっている現象です。

こうなってくるとシステムの問題ではなく,バッテリーそのものに問題がある可能性もあります。

しかし,現状ではAppleが問題視していないため,すぐに交換というわけにはいかないようです。

今回のアップデートではiOSのシステムにおけるバッテリー管理などのプログラムの更新はないようです。

従って,解消したとは言えないでしょう。

iPhoneガラス割れ即日10分iPhone修理ならグッドモバイル

今回のアップデートは脆弱性の修正が中心

10.2.1へのアップデートの詳細は下記内容です。

support.apple.com

英語ですので,内容は難しいですね。

アンロック解除,悪意ある連絡先カードでのアプリケーションの予期せぬ終了やカーネルの問題2件,webkitの問題が7件など,脆弱性に関わる問題が中心のようです。



では改善は行われないのか

ではバッテリーが急激に減る,あるいはシャットダウンする現象はAppleでも分かっていると考えられます。

ただ,原因が特定できないと,プログラムの修正や交換プログラムなどを行えないのではないでしょうか。

さらなる調査や検証が待たれるところです。

症状が起きていない方でも,いつ何時不具合が生じるか分かりませんので,バックアップだけはキッチリ取っておきましょう。

 

バックアップがあればなんとかなります・・・面倒ですが。。